前へ
次へ

自撮り棒の始まりは大正時代?

青山の不動産には多くの税金がかかっており、特にその取得時には、多様な税金が課せられます。まず一番にかかるのが、不動産取得税です。これは、都道府県税として固定資産税の評価額を課税標準として使用しています。本則税率は、標準税率の4%ですが、現在は景気対策として、平成24年3月までの措置として各種の減免措置や控除が認められています。このほか不動産の取得時には、登記にかかる国税の登録免許税や印紙税がかかります。また、青山の不動産を相続した場合には相続税、贈与された場合には贈与税が課せられます。不動産を取得した場合は、その後の所有についても固定資産税が課せられる他、都市計画税が課せられる地域もあります。不動産の取得には、こうした税金等をよく考慮し、売買を行うことが肝要です。

top用置換

top用置換2
Page Top